ABCDEFG(ラシドレミファソ)7つの音を覚えよう。

ピアノを弾くとき

鍵盤のどこが何の音なのか

パッとわかることは、とても重要です。

 

そこで、

 

ピコ太郎のように(第2弾 笑)

楽しく覚えちゃう音源を作りましたぁ!!

(毎度のことながらクラビノーバで作成)

 

昨日は〇〇〇ちゃん(年長さん)の

ピアノを習い始めて3回目のレッスン日、

彼女が楽しく覚えてくれるようにと願いを込めての音源作成。

使ってみましたよ~。

動画をご覧ください。

 

 

この音源は次の4つのことを考えて作成しました!!

①鍵盤で7つの音がわかる

②弾いて歌うので音感も身に付く

③リズムに乗るので楽しくリズム感も身に付く

④弾くとき「指先とめて、手首らくらく」もできたらいいな。

 

〇〇〇ちゃん、

はじめてのことにも前向きに挑戦できて

たとえ間違っても、笑って次に向かうことができます。

すごいすごい♪♪♪

 

 

この【せりふ】で7つの音を覚える方法は、

全国でバスティンメソッドの講座をされている

藤原亜津子先生から教えていただいた方法です。

 

はじめは難しいかな~と思ってましたが、

子どもは、できるのです!!

 

そして、使わせていただいてるカードは、

我が熊本バスティン研究会の黒木和子先生の作品です。

 

藤原先生・黒木先生、ありがとうございます。

 

 

このレッスンでも生徒さんの笑顔が見れて

嬉しくて、幸せ~~。

Follow me!