ピアノって、ひとりで弾くことが多いです。

それもとっても楽しい。

でも誰かと一緒に、ひとつの曲を演奏すると

音楽がさらに広がって「おーっ♪」となります。

 

 

音楽に限らず

誰かと一緒に何かをする時、

たとえば~~

長縄とび。

 

縄を回すふたりの人の

回す速さ(テンポ)や力加減が、それぞれ違うと

うまく縄は回りません。

跳ぶ人達も、リズムが合わないと

縄に引っ掛かってしまいます。

みんなで心を合わせ、呼吸を合わせ、リズムを合わせて

何回も何回も跳べるわけです。

 

 

さてさて、連弾ですが、

 

誰かとひとつの曲を演奏するためには、

長縄跳びでも必要なように

心を合わせ、呼吸を合わせ、リズムを合わせ、

自分の右手と左手、

相手の右手と左手、

4本の手のそれぞれの役割をちゃんとわかって、

バランスをとり、、、、、、

 

果てしなくいろんな音楽力が必要なのです。

 

ということは、逆に

連弾で「いろんな音楽力」を伸ばすことができる!!ということ。

 

ちょうど今、

ピティナコンクールの連弾プレ初級の本選に向かって

練習し始めた可愛い可愛い生徒ちゃんたちがいます。

彼女たちに「いろんな音楽力」を

連弾を体験する中で、楽しく身につけていってほしい。

その記録をこのブログに残したいと思います!

 

まずは、リズム感・拍子感。

 

曲をメロディとしてだけ捉えていて

なんとなくのフレーズで流してしまいがちなので、

だんだん速くなっちゃったり、

ふたりがずれたり・・・

 

 

この連弾曲にドラムのリズム(8ビート)を入れて、

クラビノーバで録音して、

 

 

 

まずは、これに合わせて歌ってみました。

素晴らしいことに彼女たちは英語の歌詞で歌えるの♪

ドラムが刻んでるリズムを感じてねー。

これは、毎回しようと思います。

 

今日のレッスンではリズムに関して

あと3つの練習方法をしましたが、

それは、また次回に~。

カテゴリー: レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA