🎹ピアママLINE 49 「テクニック 2」

<いい手の形>
サッカーでも陸上でも水泳でも、スポーツする時にフォームってありますよね。それは骨や筋肉を効率よく使って、タイムを速くするとか、狙ったところにボールがいくなどの効果を上げるためですね。

ピアノを弾くにも、美しく響く音を出したり、指が思い通りに動くためのフォームがあります。だからどんな音色にしたいのかによって手の形を変えるのです☝️

だけど、まず最初に基本となる「いい手の形」を習得することは、効率良くよい音を出すために必要なことだと考えます☝️

いい手の形とは!
手をダラ〜ンとしてる時の形をそのまま鍵盤に乗せた形が自然で力の入ってない良い形🖐

それは第3関節を山にして丸い形となります。

その形がよい理由
1️⃣トンネルや時代劇に出てくる橋が丸い形をしてるのは、
ザックリ言うと力学的に強いから。手もその形が効率よく指先に重さをかけられる。

2️⃣指の長さは5本とも違うので、丸く曲げることで長さを揃え、一つ一つの音の粒を揃えることができる。

違う見解もあるでしょうが、私はそう分析してます💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です